• 鶏鳴学園の特色
  • 国語に関する質問集
  • 合格者の声

WEB授業

  • 社会人・大学生の学習会
  • 家庭論学習会
  • 高校作文教育研究会
  • 論理トレーニング
  • 2020年度大学入試改革
  • 講師募集
  • 刊行物紹介

鶏鳴学園(けいめい学園)

〒113-0034
東京都文京区湯島1-3-6 Uビル7F
TEL:03-3818-7405
  (留守電対応の場合あり)
FAX:03-3818-7958

MAP

平常授業 中学生クラス


生きた「国語」の学習を指導します。

文章が読めるような、正しい読み方を身に付けます。
作文は、書きたいことを書けるようになりましょう。
中学生どうしで、話したいことを話す練習、
また聞く練習をします。
「国語」の成績を上げるだけではなく、
自分のナカミをつくっていくための授業です。

様々な疑問や悩みにぶつかる思春期だから、
「自立」に向けて、自分で考える力を養っていけます。

中学生クラスの意味

対象 中学1~3年

授業時間・曜日

  • 週1回、90分授業(45分授業×2コマ)
    ※途中10分休憩

 水曜クラス:19:10~20:50
 木曜クラス:19:10~20:50
 土曜クラス:17:00~18:40

授業回数

  • 第Ⅰ期(4~6月)  全10回
  • 第Ⅱ期(9~11月) 全10回
  • 第Ⅲ期(1~2月)  全 8回

※第Ⅰ・Ⅱ期は、1~2週間の休み期間を設けます。
その学期の初回の授業でアンケートをとり、休み期間を決定します。


※中学生クラスの注意点

1.三学年混合で、各クラス12名ほどのゼミ形式です。(中学生クラスQ&A Q1
2.高校受験の指導は行いません。(中学生クラスQ&A Q2
3.能力別クラスではありません。
4.必ず保護者の方が説明会に参加して、鶏鳴学園の考えをご理解の上で入塾して下さい。
5.講習の受講には、説明会参加は必須ではありません。
6.講習は、新中学1年の春期講習から受講できます。

授業概要

読解

評論文や小説、映画、新聞やネット記事等の読解。
入試問題演習。
すべて鶏鳴学園独自の論理的読解方で読み解き、また、文章と生徒自身の生活との関連を考え、理解を深めます。

作文

事実を具体的、客観的に書く練習、「経験作文」がベースです。大人に仕事の話を聞いて書く「聞き書き」が、もう一つの柱です。
書く前後に相談を重ね、
各生徒の成長課題に応じて指導します。


スピーチ・意見交換

学校や家庭での出来事や経験について、また、テキストについて話し合います。
話し方や、感想や意見の述べ方も徐々に指導します。

宿題は、一回の授業につきプリント二枚くらいの目安です。
一時間くらいは考えてきてください。
なお、学期に一回の作文は、じっくりと時間をかけて書いてください。


年間スケジュール(予定)

第Ⅰ期(4~6月 全10回)

  • 評論文の読解
  • 経験作文、または聞き書き
  • 1分間スピーチ
  • 入試問題演習

第Ⅱ期(9~11月 全10回)

  • 小説の読解
  • 経験作文、または聞き書き
  • 1分間スピーチ
  • 入試問題演習

第Ⅲ期(1、2月 全8回)

  • 評論文、小説、その他の読解、取材練習など
  • 経験作文、または聞き書き
  • 1分間スピーチ
  • 入試問題演習

中学生クラスの意味


中学生クラスQ&A

Q1 「3学年混合」で困ることはありませんか?
また、新しく入塾した生徒が、以前から在籍している生徒についていけますか?

大丈夫です。

まず、鶏鳴学園独自の読解法はとてもシンプルで、はじめての生徒にもわかりやすいものです。そして、練習を重ねることで、どこまでも理解や思考を深めていけます。
また、授業は知識を暗記するようなカリキュラムではなく、話し合いながら各自がじっくりと考える力を養っていくものです。いわゆる学力の競争ではありません。
作文についても、入塾してからの期間によって一人一人の目標や方法を設定し、指導しています。少人数クラスなので、そういった丁寧な指導が可能です。

また、彼らは学校や学年が異なっても、同じような思春期の悩みや学校での問題を抱えています。それを言語化して、共有できる土台があります。
同時に、ふだんは同調しやすい環境で過ごす彼らが、鶏鳴学園の授業では、自分とは異なる意見にも出会います。それが考える力の源になります。

Q2 何故、「高校受験の指導は行わない」のですか?

国語力の基盤づくりにじっくりと時間をかけていきたいからです。
「基盤づくり」とは、読解力を養うだけにとどまらず、生徒の毎日の生活や今後の人生を支えるような、
論理的で真っ当な考え方を養うということです。
ゼミ形式で、共に文章を読み、書き、そして、話し合い、時間をかけて基礎から練習していきます。
ただし、中学生クラスの指導目的やその方法は、本質的には高校受験にも有効です。
高校入試のために忙しい時期には休塾して、高校進学後に高校クラスに戻ることも可能です。

Q3 人前で話すのが苦手で、スピーチが心配です。

はじめは誰もが緊張し、また何を話せばいいのか戸惑いますが、すぐに慣れます。
まず、堅苦しいスピーチではなく、生徒たちが経験したことや感じていることを率直に話すフランクなスピーチだからです。
スピーチの後、同じ中学生どうしで意見交換をするのも、楽しいようです。
また、他の生徒の話を聞いたり、やり取りをする中で、話せることが増えていきます。
上手に話すことが目的ではありません。
大切なことは、スピーチの他に、テキストをもとに話し合ったり、作文も書くというトータルな学習の中で、
生徒のナカミや自己理解が充実していくことです。
自分がどんな人間で、どんなことに興味関心があるのか、さらには大学ではどんなことを勉強したいのかという思いを、
少しずつ育て、またどんどん更新していけるようにと考えています。

※「国語に関する質問集(Q&A)」もぜひご覧ください。

中学生クラスの意味

担当講師

田中 由美子

田中 由美子


その他

  • 教室の入室可能時間は、原則、授業開始の一時間前です。
  • 授業前や休憩時間に、簡単な飲食が可能です。
  • 別の曜日のクラスへの振替は、作文の授業の一部を除いて可能です。
  • 遅刻、欠席した授業については、自宅のPCから録音をダウンロードして聞くことができます。