• 鶏鳴学園の特色
  • 国語に関する質問集
  • 合格者の声

WEB授業

  • 社会人・大学生の学習会
  • 家庭論学習会
  • 高校作文教育研究会
  • 論理トレーニング
  • 2020年度大学入試改革
  • 講師募集
  • 刊行物紹介

鶏鳴学園(けいめい学園)

〒113-0034
東京都文京区湯島1-3-6 Uビル7F
TEL:03-3818-7405
  (留守電対応の場合あり)
FAX:03-3818-7958

MAP

平常授業 受験クラス

2017年4月~2017年12月


受験に完全対応したカリキュラムで、
志望大学・学部への合格を目指します。
進路・進学の考え方、受験勉強の計画の
立て方なども指導します。

対象 高校3年・高卒

授業時間

  • 週1回、220分授業(110分授業×2コマ) 17:00-21:00
    ※途中20分休憩
    ※ただし、水曜日クラスのみ、13:00-17:00

授業回数

  • 第Ⅰ期(4~6月)  全10回
  • 第Ⅱ期(9~11月) 全10回

※各学期に、1~2週間の休み期間が設けられることがあります。各学期の第一回授業で、生徒からアンケートをとり、その結果によって休み期間が決定されます。

※12月には冬期講習、1月には直前講習があります。


曜日

火曜日クラス or 水曜日クラス or 木曜日クラス(2017年度)
能力別クラスではありません。
水曜日クラスのみ、13:00-17:00です。


授業概要

現国

毎回一題の入試問題をテキストにします。
授業のはじめに担当者がレジュメを使って発表し、クラス全体で意見交換をした上で、講師が解説します。
第Ⅰ期は評論文の読解、第Ⅱ期の前半で小説文の読解(センター対策)を指導します。

科目選択制ではありません。

古典

毎回一題の入試問題をテキストにします。 生徒自身に解答の根拠を発表させた上で、講師が解説します。 毎回、授業のはじめに小テスト(文法・単語)もあります。 学期の前半が古文、後半が漢文、他に早稲田の融合問題も扱います。

※受験クラスの平常授業では、小論文の指導はありません。 慶応大学の小論対策は、講習(別料金)で行い、慶応以外の小論、推薦、AO入試対策は個別指導(別料金)で行います。


担当講師

中井 浩一(現国・小論文)

松永 奏吾(古典・小論文)


その他

  • 教室の入室可能時間は、原則、授業開始の一時間前です。
  • 授業前や休憩時間に食事をとることができます。
  • 授業の振替は、原則、認めません。
  • 遅刻、欠席した授業については、自宅のPCから録音をダウンロードして聞くことができます。