• 鶏鳴学園の特色
  • 国語に関する質問集
  • 合格者の声

WEB授業

  • 社会人・大学生の学習会
  • 家庭論学習会
  • 高校作文教育研究会
  • 論理トレーニング
  • 2020年度大学入試改革
  • 講師募集
  • 刊行物紹介

鶏鳴学園(けいめい学園)

〒113-0034
東京都文京区湯島1-3-6 Uビル7F
TEL:03-3818-7405
  (留守電対応の場合あり)
FAX:03-3818-7958

MAP

高校作文教育研究会

塾長中井が代表を務める高校段階を中心とした表現指導の研究会

高校作文教育研究会とは

高校作文教育研究会は、高校段階を中心とした表現指導の研究会です。
高校作文教育研究会は1998年2月に会を設立しました。
それ以来、全国から多くの関係者が集まって、高校段階を中心に、中学から大学までの作文指導の在り方を実践・研究してきました。
国語科に限らず、理科や社会、数学や英語、保健体育などの教員も参加しています。現場も中学、高校、大学に、塾なども含まれます。
会の設立時からの中心メンバーは四人。
東京の私学・正則高校は学校をあげての表現指導で有名ですが、その精力的な実践家である宮尾美徳さん。
茨城県の県立高校での実践家・程塚英雄さん。彼はその教育実践で読売教育賞を受賞し、聞き書きについても多数の論考があります。
茨城県立高校で長く教員をしていた古宇田栄子さん。彼女は日本作文の会の常任委員としても、中学・高校段階の表現指導の普及と深化のために努力してきました。
そして国語専門塾の塾長の中井です。古宇田さんと中井が共同代表を務めています。
研究会では、テーマとして2005年には1年間集中的に「総合学習」における表現指導について、次いで2009年から3年ほどは「聞き書き」(調査と取材)の共同研究を行ってきました。
一方で、そうした研究の際に、いつも根底にあったのは高校段階での表現の指導過程(表現指導の系統性)の問題でした。
生活体験文、調べて書く作文や聞き書き、意見文や論文(小論文も)、志望理由書などをどう関連付けて、指導していくべきなのか、という問題です。
これらの問題について侃々諤々やりあいながら、研鑽を重ねた18年が、私たちの会の歴史です。


年に3・4回の例会と、夏には全国大会を開催しています。
関心のある方は、以下のブログから、研究会の活動の詳細を知ることができます。
また参加申し込みもできます。

高校作文研究会ブログ
http://sakubun.keimei-kokugo.net/

申し込み方法

初めてメールをいただく方には、簡単な自己紹介をお願いします。
 (1) 氏名と年齢と略歴、現在の所属   (2) 現在の問題意識、課題、悩みなど   (3) この研究会や中井を知った経緯
を書いて、メール(ko-nakai@js6.so-net.ne.jp)でお送り下さい。

本の紹介

塾長・中井 浩一の表現指導の本 『脱マニュアル小論文―作文と論文をつなぐ指導法』が、06年7月に大修館から出版されました。
鶏鳴学園での表現指導の考え方と具体的指導法をまとめたものです。
また、2016年6月に『「聞き書き」の力』(大修館書店)が刊行されました。
これは高校作文教育研究会で3年ほどかけて「聞き書き」についての共同研究を重ねた成果をまとめたものです。
これこそが、本当の「アクティブ・ラーニング」です。